久々に食べた火傷瀬戸際の熱々のたこ焼きが美味しかったです

晩御飯の根本を買いに行ったんですが、買物中に、心から胴が空いてしまったんです。
そんなとき、思い切り相応しいにおいが漂ってきたのです。
においの源泉は、「たこ焼き」。そのにおいに負けて、久々に、たこ焼きを買って食べました。
今回買ったものには、マヨネーズや源の他に、ゆず胡椒が添えられていました。
たこ焼き、思い切り熱々でおいしかったです。

幼児の間、たこ焼きというと、お祭りなどの縁日以外で見ることはそんなにありませんでした。
そのため食べられるのは年に1~2度だけでした。
ですから、あたいにとっては、至極スペシャルな食品だったんです。

その土産があるせいか、今でも、たこ焼きはどっか特別な食品ですような気がします。宇都宮の脱毛事情特集ページ

久々に食べた火傷瀬戸際の熱々のたこ焼きが美味しかったです